「ついに証明された、新型コロナは空気感染する」デマだった模様。論文曲解で記事削除

コロナウイルス

http://tekito.2ch.sc/test/read.cgi/news/1584158817/
1:2020/03/14(土) 13:06:57.88

ついに証明された、新型コロナは空気感染する
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/59729(削除済)

論文内容をねじ曲げて報道されては困りますね。特定の状況でしか発生しないエアロゾル感染です。一般的に言われる結核などと同様の空気感染なら感染者数はこんなものではすみません。
https://twitter.com/EARL_Med_Tw/status/1238613580942962689

抜粋
ついに証明された、新型コロナは空気感染する
http://topics.smt.docomo.ne.jp/article/jbpress/world/jbpress-59729?page=1

研究が進み、新型コロナウイルスは空気感染することが分かってきた。3月9日、「やはり」と言わざるを得ない内容の論文が米医学雑誌に掲載された。内容を端的に述べると、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の空気感染はありうる」というものである。

研究論文を掲載したのは『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』という1812年に創刊された世界で最も権威があると言われる医学誌である。

執筆者は米国立衛生研究所(NIH)やプリンストン大学、米疾病対策予防センター(CDC)などに所属する計13人の研究者で、実際にコロナウイルスを使用して実験を繰り返し、空気感染によって感染は起こりうるとの結論を出している。

同誌に論文が載ること自体、信憑性の高さを示しているが、執筆者は他の研究者によるさらなる検証を促すなど、医学者らしい慎重な姿勢を示している。

これまでコロナウイルスの感染経路は主に接触感染と飛沫感染の2つが挙げられており、空気感染は考えにくいとされてきた。

厚生労働省のホームページでも、「国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられる」と記されている。
ただ、閉鎖空間や近距離といった環境下であれば、「感染を拡大させるリスクがある」としてきた。

これは厚労省がまだコロナウイルスを使った感染実験による確かなデータを得てないということでもあろう。空気感染は起きないというのが政府の見解である以上、多くの国民は「空気感染はない」と判断してきたと思われる。

ただ同時に「空気感染もありうる」との思いを、多くの方は心の片隅に抱いてきたかと思う。そのためのマスク着用だったはずだ。今回の論文によって今後、コロナウイルスへの対策が少し変わる可能性がある。

論文の概要(要旨)の重要部分を翻訳したい。

「生きたコロナウイルスはエアロゾル化後、3時間まで生存することを突きとめた。銅(製物質)の表面では4時間、段ボール上では24時間、プラスチックやステンレス・スチールの上では2、3日の間、同ウイルスは生存していた」「(中略)我々の研究結果によって、コロナウイルスはエアロゾルと媒介物によって感染しうるということが判明した」

研究論文らしい言葉と表現なので分かりづらいが、主旨は「空気感染はありうる」ということである。

同時に、様々な物質の表面でコロナウイルスは生き続けることも明らかになった。論文中にエアロゾルという言葉が出てくる。感染の話をする時などに広義として「空気感染」と解釈されるが、正確には気体に浮遊する液体や固体の粒子を指す。

コロナウイルスは基本的には体液の中で生きるが、咳やくしゃみなどによってウイルスが空気中に拡散され、地面に落ちないで空気中に浮遊し続けながら生きることが、今回の実験で分かったのだ。これが「エアロゾル化後、3時間まで生存する」の意味である。

しかし、空気感染の可能性が示されても、感染力がどれほど強いかは今回の論文では学究的に示されていない。空気感染については2月8日、中国上海市政府が開いた予防と管理に関する記者会見で上海市民政局副局長の曽群氏が、コロナウイルスの感染経路について「主に直接伝播、エアロゾル伝播、接触伝播によって感染している」と述べた経緯がある。

しかし翌日、中国のWHO(世界保健機関)戦略諮問グループ(SAGE)の感染症専門のメンバーが、「新型ウイルスがエアロゾルによって感染する証拠はない」と否定。空気感染の可能性は極めて低くなり、日本でも空気感染はしないとの見方が広がった。さらに前出の曽群氏が医師でなかった点も空気感染の信憑性を低いものにした。

だが『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』の論文により、コロナウイルスが空気感染することがほぼ示された。論文ではこうも記されている。

「空気中と物質上でのウイルスは安定しており、ウイルスの感染が直接起こりうる。またウイルス保菌者から他者に感染してからもウイルス粒子は生き続ける」これまでも接触感染と飛沫感染以外に、空気の流れが淀みがちな閉鎖性の高い空間での空気感染が指摘されてきた。ただ今回、医学者による学究的な実験によってコロナウイルスの空気感染が証明されたことになる。

書いた人

堀田佳男
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E7%94%B0%E4%BD%B3%E7%94%B7

Twitter
https://twitter.com/yoshiohotta


81:2020/03/14(土) 13:29:45.22

9:2020/03/14(土) 13:09:56.90

90:2020/03/14(土) 13:31:01.58

>内容を端的に述べると、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の空気感染はありうる」というものである。研究論文を掲載したのは『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』という

『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に掲載と書いたのもデマ
権威ある学術誌に掲載された論文だと紹介しているけど
ただの査読用のプリントで掲載などされてない

これ本当に酷い記事だよ


191:2020/03/14(土) 14:27:57.15

>日本外国特派員協会正会員

あっ・・・察し。


19:2020/03/14(土) 13:13:50.56

専門家じゃないバカがあれこれ言うからな
コメンテーターじゃなくアジテータだし


21:2020/03/14(土) 13:14:10.58

空気感染=ウイルスが空中を漂ってる状態
空気感染しない=疫学的な表現でしかない

感染者が爆発的に増えてないって結果から
空気感染しないと言葉遊びしてるだけ


84:2020/03/14(土) 13:30:07.07

空気感染するなら
満員電車経由で日本終わってるんじゃねーの?


29:2020/03/14(土) 13:16:29.67

どの国でも数字で見れば感染力が強めの
普通の風邪という根拠しか示されてないのに

それをなんとか大事にしたいという
力が作用してるとしか思えない。


35:2020/03/14(土) 13:18:22.93

感染力は普通の風邪より低い、発症率が高い
普通の風邪は感染しても
大多数が無症状なので可視化しないだけ


39:2020/03/14(土) 13:18:46.46

専門用語の空気感染と
一般人の考えてる空気感染のイメージちがうと思うわ

エアロゾル感染が一般人の考えてる
空気感染のイメージに近いってことでは

飛沫感染否定されてから一般人の知らない
エアロゾル感染が急に出てきたし…


122:2020/03/14(土) 13:43:45.31

だからこれ前から言われてたろ
「エアロゾル感染と空気感染は違うよ」って

元の文章もなぜか途中から
両者をいっしょの意味で使い出して
ほんとガイジだったわ


149:2020/03/14(土) 13:55:41.38

だからそれは日本独自の表現で
エアロゾル(飛沫核感染)も空気感染だって

5m以内の空気感染をエアロゾルと言ってるだけ
麻疹とかだと何十メートルとか動くからな


131:2020/03/14(土) 13:47:41.40

まじでエアロゾル感染は空気感染ではないと
閣議決定しそうな勢い


139:2020/03/14(土) 13:50:20.79

145:2020/03/14(土) 13:53:52.71

そうその通り。

例えば電車の中に感染者が中間の車両に乗ったら
端から端まで感染してしまうのが空気感染。

エアロゾルの場合は密閉され換気できない状態だと
感染してしまう可能性が大きい。

この違いは大きな違い。


231:2020/03/14(土) 15:36:49.66

どっちでもいい
感染しやすいのは事実


薬用せっけんミューズ ノータッチ 泡ハンドソープ グレープフルーツの香り (本体ソープディスペンサー+詰替250ml セット) 殺菌 消毒 保湿成分配合 まとめ買いセット 本体+詰替


6 COMMENTS

匿名

水虫専門家「ワイの経験によれば、肺炎対策は韓国式が一番」

立憲民主党「おまえら、ワイが連れてきた水虫専門家の肺炎対策を聞け!」

(´・ω・`) 「いやどす」

返信する
匿名

> ただ同時に「空気感染もありうる」との思いを、多くの方は心の片隅に抱いてきたかと思う。
> そのためのマスク着用だったはずだ。

マスクは自分が無意識に感染している場合に周りへの飛沫感染を防ぐ為と、魔女狩り連中から逃れる為だろ
空気感染気にするなら防毒マスクみたいなフルフェイスのでもするわアホ

返信する
匿名

>「エアロゾル感染と空気感染は違うよ」両者をいっしょの意味で使い出してガイジ

人の息もエアゾル状態、空気感染と別扱いして能天気になるよりかはまし
ガイジでくくるようなマウントは緊急時にとっちゃホントどーでもいい
海外はそんなんだからやたら人集まって集団感染してんじゃない
効果を測れないんだから注意することに越したことはない

返信する
匿名

いや、あのさぁ……
エアロゾル感染と空気感染って厳密な定義の違いはないんだけど
それこそ霧状になったブツが
状況が積み重なってかなり長距離まで運ばれる可能性とかあるわけで

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。