ミサイルへの対応が早かった事について、菅官房長官「特定秘密保護法が成立してから情報が入ってくるようになった」

北朝鮮ミサイル

ミサイル発射の対応が早かった事について、菅官房長官「2年前の特定秘密保護法、マスコミから極めて評判の悪い法律だった。情報漏洩をした場合、日本は最大懲役1年で情報が来なかった。法律成立してから機微な情報が我国に入ってくるようになった」メディアの皆さん聞こえてますか?#深層NEWS
https://twitter.com/YES777777777/status/903254271621177344








【悲報】菅官房長官に粘着している東京新聞・望月衣塑子さん、他の記者に露骨に煽られるw


9 COMMENTS

ぴろり

特定秘密保護法案で格好から情報が入るようになり、テロ等準備罪でシーシェパードが日本の調査捕鯨を妨害しにくくなった。
両法案に反対した売国野党と売国マスコミは、どう落とし前つけるつもりなんだ?

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。