【衝撃】家事で子供が亡くなった日本工業大学のジャングルジムの写真 どう考えてもヤバイ なんで誰も止めなかったの?

6日午後5時20分ごろ、東京・新宿区霞ヶ丘町の明治神宮外苑のイベント会場で展示品が燃えていると、警視庁や東京消防庁に通報がありました。会場にいた人が消火器で消火活動を行うなどして、火はまもなく消し止められましたが、警視庁によりますと、この火事で、東京・港区の幼稚園児、佐伯健仁くん(5)が搬送先の病院で死亡が確認されました。また、助けようとした健仁くんの44歳の父親と、別の40代の男性が顔にやけどをしましたが、いずれも命に別状はないということです。

警視庁やイベントの主催者などによりますと、当時、明治神宮外苑では現代アートの作品を展示するイベントが開かれていて、焼けたのは、日本工業大学工学部建築学科の学生が中心となって作る「新建築デザイン研究会」という部活動が出展したもので、ジャングルジムのような形の木製の展示物です。大きさは、高さが3メートル、幅が5メートル、奥行きが2メートルあり、人が中に入って遊べるようになっていたということです。

当時、健仁くんは真ん中付近で遊んでいて、火事に巻き込まれたと見られるということです。また、展示物には木くずが敷かれ、ライトで照らされていたということで、警視庁は目撃者の話などから、木くずから出火した可能性があると見て、火が出た当時の詳しい状況を調べています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161106/k10010757741000.html


木製ジャングルジムに大量の木屑、白熱電球って…
なんで誰も止めなかったんだろう…
https://twitter.com/taiga_6404/status/795207512517537792












29 COMMENTS

ぴろり

何か殺人犯が捕まった後にいかにもな顔しているなって言っているような気がする。多かったし本当に危険だと思ったんだったら運営に伝えるなりツイートするなりすればいいと思う。

返信する
ぴろり

工業大学の学生であるならば、不燃材料と準不燃材料の知識も当然あったであろう。
木製ジャングルジムの部材はもう少しおおきな部材で作るべきであった。しかし何故、鉋屑を中に入れたのか?最も火が付きやすい物なのに・・・
亡くなった佐伯健仁君のご冥福をお祈りいたします。

返信する
ぴろり

現代アートって上辺だけだから伝統工芸品の様な蓄積された美しさや安心感が皆無
「こうすりゃおもしれーw」って何の思慮もないからバカな事故が起きる
歴史の浅いアメリカ生まれのアート(笑)なんて真似してんじゃねーっての
ゆとりは楽して評価を得ようとすんな

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。