スピリチュアル江原啓之「横浜点滴殺人の犯人も植松容疑者も安楽死願う患者もみんな馬鹿。人はただ何もせず生きてるだけでも価値がある」

江原啓之

1:2016/09/29(木) 16:23:32.51

5:2016/09/29(木) 16:25:42.56

さすが江原先生ぐう聖だなこの人


2:2016/09/29(木) 16:24:27.54

まぁ老人や障碍者も雇用を生み出す側面はあるからな


3:2016/09/29(木) 16:24:28.31

4:2016/09/29(木) 16:25:38.57

透析患者は全員なんちゃら言っている奴も同じだな


54:2016/09/29(木) 16:53:02.68

お前の価値観を押し付けるなデブ


15:2016/09/29(木) 16:32:29.12

美輪と離れてスッキリしたとか
講演会で言い回ってるおっさん


9:2016/09/29(木) 16:27:11.76

生きてるだけで価値があるなんて言い方は
物事を経済原理でしか考えられないということの裏返し


23:2016/09/29(木) 16:36:53.62

バリバラで全盲の東大教授がコメントしてたけどあれ良かったな


71:2016/09/29(木) 17:11:01.70

>>23
どんなこと言ってた?


79:2016/09/29(木) 17:20:11.57
>>71

福島智さん (全盲ろう/東京大学先端科学技術研究センター教授)

なぜ、これほど心が痛むのだろう。なぜ、これほど恐れを感じるのだろう。無抵抗の障害者の殺害が、「二重の意味での殺人」と感じられるからだろうか。肉体的生命を奪う「生物学的殺人」。人の尊厳や生きる意味自体を否定する「実存的殺人」。だが、魂が凍りつくようなこの不安の原因は、たぶんそれだけではない。私たちと容疑者が、まったく無関係だとは言い切れないと、私たち自身がどこかで気づいてしまっているからではないか。容疑者は衆議院議長への手紙で、障害者を殺す理由として、「世界経済の活性化」をあげた。障害者の存在は、経済活性化を妨害するというのだ。

しかしこうした考えは、私たちの社会にもありはしないか。労働力の担い手としての経済的価値で、人間の優劣が決められる。そんな社会にあっては、重度障害者の生存は軽視されがちだ。そしてほんとうは、障害のない人たちも、こうした社会を生きづらく、不安に感じているのではないか。なぜなら、障害の有無にかかわらず、労働能力が低いと評価された瞬間、社会から切り捨てられるからだ。障害者を刺し殺した容疑者のナイフは、同時に、私たち一人一人をも刺し貫いている。
http://www6.nhk.or.jp/baribara/lineup/single.html?i=211


16:2016/09/29(木) 16:33:04.07

点滴事件や植松みたいな奴に殺される人は気の毒だけど
安楽死願う人にも生きるだけでも価値がある言っても逆に気の毒だろ
死ぬ権利だってあるよ


24:2016/09/29(木) 16:36:55.80

死ぬ権利なんて認めちゃったら
障害者や老人は周囲の「なぜ自殺しないの?家族のために死んでよ」っていう
無言の圧力にさらされる事になる

結局は植松の思想を認める事になる
死ぬ権利を認めずに麻薬などを使った
緩和ケアをもっと自由化していくべきだろう


51:2016/09/29(木) 16:49:39.58

死んだ人からのメッセージを受け取れるはずなのに
そんなこと言ってる場合かよ!!!!


62:2016/09/29(木) 16:59:26.06

18 COMMENTS

ぴろり

でもこの人、何でも「今生はそういう役割だった」って運命論で片付けるよね。
運命に抗う人を否定してるのかと感じるわ。

返信する
ぴろり

大体は良いこと言ってるけど安楽死だけはデブが勉強不足だろ
つーか見えないものを見える!とか言って名前売ってる奴が何言っても信用できん。

返信する
ぴろり

池田小児童殺傷事件の犯人も生きていた価値があるのか聞いてみたいわ
どんな聖人でも眉をしかめるであろう人間だと思うんだがね

返信する
ぴろり

スピリチュアリズムは、最終的には「どんなことも魂の学びの課程」で決着してしまうからなぁ…。
根底のある全肯定感は、ぶっちゃけた話「悟りとかの領域で直感するもの」らしいから、理屈では考えるのは無理があるようだし。

返信する
名無し

言動に裏付けがなければスピリチュアルの論理を持ち出されても説得力がない
人々を本気で救いたいなら公正な公開実験をするべき

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。