3Dプリント住宅、24時間で60万円で建てられるらしいw もうシムシティみたいになってくるのか

悲報

悲報

3Dプリント住宅では世界初となる、コミュニティごとプリントする試みがラテンアメリカで始まっています。 低所得世帯向けに、24時間で60万円で建てられるそうです。





サンフランシスコのデザインスタジオのFuseprojectは、ホームレス問題に取り組む非営利団体のNew Story、建設技術会社のICONとの共同プロジェクト「ラテンアメリカの3Dプリントハウス」を発表しました。

2019年夏に3Dプリントを予定しているのは、「世界初の3Dプリントコミュニティ」です。

このプロジェクトは、3Dプリンティングの可能性を活用して、ラテンアメリカの低所得コミュニティのために、住宅を建設するものです。

Fuseprojectの創設者であるYvesBéhar氏は、次のように述べています。

「このプロジェクトは、3Dプリント住宅建設で技術的な進歩を研究している組織、New Storyによって主導されています。2018年、New StoryとそのパートナーであるICONは、ICONのVulcan 3Dプリンタを使用して、48時間でテキサス州オースティンに住宅を3Dプリントできました。」

現在、プロジェクトでは、 3Dプリンタを活用して、ラテンアメリカの非公開の場所で住宅を生産します。住宅は、わずか24時間で、一棟ごとに60万円の費用で建設されます。

気候や地震活動の地域的な環境条件のために、壁の補強による構造強化が施されています。

家の中では、キッチンやバスルームのカウンター、座席、棚、棚の棚などの内蔵要素や、さらに家の収納や食器棚を作るための埋め込み式の構造フックを使用できるように3Dプリントが使用されています。

また、ICONの3Dプリント技術は、追加費用なしで住宅のカスタマイズを可能にしました。これにより、家族は自分の家に対する所有感を感じるだけでなく、コミュニティ内に多様な建物を建設することが出来るそうです。

さらに、ラテンアメリカは太平洋側などが比較的地震が多いエリアです。そこで、3Dプリント住宅には壁の補強による基礎構造の強化が施されています。
https://makerslove.com/23878.html
















5 COMMENTS

匿名

セキスイハイムのユニット工法なら、もっと早く
もっと使いやすいのができるのに
ユニット構造の組みあわせで二階建てや三階建てもできて
なおかつ耐震性も高い
工場で組んであるユニットをトラックで運び
現地の土台にクレーンで組めば
ほぼできあがり

返信する
匿名

せっかくシームレスに作れるんだから、船というかバージみたいに
完全防水構造にすればいいのにといつも思う
ガス水道は普通に元栓あるんだし
んで地盤とも分離できるようにしといて津波の時は脱出カプセルに
クルーザーを陸揚げしてトレーラーハウス風にするよりは快適なはず

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。