【悲惨な事故を減らす為に】昭和45年、飲酒運転死亡事故で加害者の妻が幼い子供を道連れにする際、地元警察署長に宛てた遺書

交通事故

●悲しい話(悲惨な事故を減らす為に)
昭和45年、飲酒運転で事故を起こし相手方と共に死亡した事故で、加害者の妻が幼い子供を道連れに自殺する際、地元警察署長に宛てた遺書

飲酒死亡事故遺書


「家ついてってイイですか」交通事故で娘を殺された話が飯塚を彷彿とさせる。このタイミングの放送に意味があると信じたい

大津と同じような交差点でおきた事故の再現CM。車を運転する人もしない人も一度見て欲しい

【動画】横断歩道で子どもが待っているのに誰も止まらないんだな…?数秒待つと死んじゃう病気か?

90歳のおじいちゃん「世間様に迷惑掛けないように」と認知症を発症する10年以上も前から準備していた

免許返納してもこれじゃ意味無いよ…ホントに頼むよお年寄りの方々?

有害性 アルコール>>>>>コカインwwwww















11 COMMENTS

匿名

クズを選んだのもこの女の責任。同情することは1ミリも出来ない。
こんな家族に殺されたという事実は事実。
自殺して逃げたことも絶対に許せない。
妻、子供が血眼になってでも働いてお金はお金で返すべき。
絶対に許さない。地獄の底まで追いかけてこの世に引き戻し、
徹底的に働かせたい。

返信する
匿名

前に見た事故も、トラック運転手の居眠り運転で追突事故を起こして追突した車に乗っていた家族を死なせてしまったんだけど、
トラックの運転手は新婚さんで奥さんが妊娠してて、生まれてくる子供のために頑張って稼ごうと無理をおして仕事をした末の事故だった、って話

返信する
匿名

いやこれでいい
加害者は一族郎党根絶やしにすべきだよ
それでこそ安全運転に対する心構えが出来るというものだ
老人が子供を轢いたらそいつの孫を死刑にする
家族も全力で運転をやめさせるだろう

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。