【レーダー】和田政宗議員「なぜ防衛省は『防衛協力の継続へ向けて真摯に努力』する必要があるのか。真摯とは嘘を言っている韓国が使う言葉だ」

和田政宗

韓国駆逐艦による火器管制レーダー照射。防衛省がホームページでレーダー音を発信。嘘を重ねる韓国に協議打ち切りの毅然たる態度を示した。しかしなぜ「防衛協力の継続へ向けて真摯に努力」する必要があるのか。真摯とは嘘を言っている韓国が謝罪の観点から使う言葉であって、日本が使う言葉ではない。



















4 COMMENTS

匿名

韓国世論
・防衛協力は継続したいだと…これはお前らが、自国の政治に利用したという事実を告白したという意味か?
 吹き出したわ 日本「今日から韓国とは 話をしない…しかし、友達として給食はこれからも一緒に食べ続ける…」これと何が違うのか?wwwww
・事実究明はやめて韓国に謝罪を要求wwwwww北韓よりも、道理をわきまえてなくて呆れるわwwwww
・日本が不快に思っている=韓国政府は本当にうまくやっている
・脅威飛行したことについて謝罪しろ猿どもよ!
 こっちは人道的次元で北韓漁船を探していたというのに…
 礼儀もない猿どもめ…

返信する
匿名

韓国に対して弱腰なのは米国、正確には在日米軍からストップがかかっているはず。在日米軍→日米合同委員会→政治家という流れ。
日本韓国が戦争になったら米軍が一番困るから。在日米軍vs在韓米軍。米国製兵器自衛隊vs米国製兵器韓国軍。
こうなると米国の信用はゼロになるから。韓国は独立国なので無理だが、日本なら日米合同委員会経由で抑えられるからですよ。

返信する
匿名

いや努力するって言っとかんと今後韓国が日本は問題解決の努力を放棄してるって寝言ほざいた時の証拠扱いで今回の声明利用されかねんし
そしたら努力してるかどうかを焦点にまたいちゃもん付けて来るのは目に見えてるから入れといたって程度の話だと思う
まあ入れてもいちゃもんはつけて来るだろうけど韓国以外の国に向けて努力はしたけど前と同じで無理ですたって言える様になるし今後韓国をマトモに相手しないなら入れといて問題ない文言だと思う

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。