青色LEDの凄さがわかる画像が話題に

難しいとされていた青色発光ダイオードが開発されたおかげの変化を駅の電光掲示板でイメージ
上:青色LEDがない時代
下:青色LEDがある時代
青が出来たおかげでフルカラー出せるようになった!すごい!てこと
https://twitter.com/Yui_Na_Ka/status/519500855108571136


33 COMMENTS

名無し様@ぴろり2ch

光の合成は加色混合といって足せば足すほど「白」に近づく。
絵の具の様な色の合成は減色混合といって足せば足すほど「黒」に近づく。
青く「発光」できる物の発明で表現力が無限に。

返信する
名無し様@ぴろり2ch

スゲェ…
四国のド田舎行きローカルが新幹線になってる!
さりげなく徳島無視するあたり、中村教授の発明ってのがわかりやすいね。

返信する
名無し様@ぴろり2ch

写真の撮影の仕方の違いに見えてしょうがない。色数が増えて表現力が上がったことと、鮮明な事は別次元の話だと思う。
たぶん、今回のノーベル賞での発見の中には鮮明になる技術も含まれるのかもしれないけど、青色LEDの発明という説明とは違う気がする。

返信する
名無し様@ぴろり2ch

>上はLEDだけれど、下ってこれは液晶じゃないの?
液晶のバックライトがLEDだ。LEDが無い時代の液晶は蛍光灯みたいなので
照らしてたらしい。

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。