韓国の教科書に載ってる筑豊朝鮮人徴用工の悲痛な落書き、なんと映画の仕込みだった

korea

福岡県の筑豊炭鉱で朝鮮人徴用工がハングルで書いた「母に会いたい」「空腹だ」と訴える落書き…「強制徴用労働者」の証拠として韓国の教科書に掲載されてる。が、実は、日本の朝鮮総連傘下の団体が1965年に映画を製作した際の仕込みで、書いたスタッフが西日本新聞に「一人歩きは良くない」と告白。
https://twitter.com/ramuseskk/status/1057525907865387009
福岡徴用工










2 COMMENTS

ニダコースト へ返信する コメントをキャンセル

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。