社会運動家「富裕層は就労収入ではなく資産収入が大半。ここに課税強化しなければ社会保障は回らないし消費税増税の合意も形成されない」

金

ZOZOTOWN前沢社長のように、普通は開示しないから見えないだけで、年収が一億円を超える富裕層は就労収入ではなく、株や不動産、運用による資産収入が大半。いわゆる「不労所得」であり、ここに課税強化しなければ社会保障は回らないし、消費税増税の合意も形成されない。税が安すぎるよ。
https://twitter.com/fujitatakanori/status/1048209873085722624















金持ち課税


8 COMMENTS

匿名

フラットタックスがいいと思う。
誰もが公平な税率で税負担をして、課税逃れがないようにすれば、低い税率でも大幅に税収をあげられる。
複雑な税制が合法脱税を許す原因なのだから、税制はシンプルな方がいい。

返信する
匿名

資産における含み損などのリスクに配慮しない限り、資産形成にチャレンジしてこなかった人間の身勝手な怨嗟にしか聞こえんな。
これで投資割合が低いだの新会社設立が少ないだの自立精神がないだの聞こえてきたら耳を向ける価値もないという。
2代目?相続税で対応すりゃいいじゃん。

返信する
匿名

私有財産そのものの否定ではなく、数百倍数千倍もの資産格差、所得格差は認めるべきではないという話だろ。馬鹿が多すぎるわ

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。