「秋葉原通り魔事件」加藤智大の弟、自殺 1週間前に語っていた「死ぬ理由に勝る、生きる理由がない」

加藤智大

1:ぱぐたZφ◆FdDsU0B5ivx5: 2014/04/11(金)19:53:25 ID:KkAX2chWF

『秋葉原事件』加藤智大の弟、自殺1週間前に語っていた「死ぬ理由に勝る、生きる理由がない」

<「あれから6年近くの月日が経ち、自分はやっぱり犯人の弟なんだと思い知りました。加害者の家族というのは、幸せになっちゃいけないんです。それが現実。僕は生きることを諦めようと決めました。死ぬ理由に勝る、生きる理由がないんです。どう考えても浮かばない。何かありますか。あるなら教えてください」>

これは『週刊現代』の「独占スクープ!『秋葉原連続通り魔事件』そして犯人(加藤智大被告)の弟は自殺した」の中で、週刊現代記者の齋藤剛氏が明かしている加藤被告の実の弟・加藤優次(享年28・仮名)の言葉である。

この1週間後、優次は自ら命を断った。これを読みながら涙が止まらなかった。加藤被告の起こした犯罪のために、被害者の遺族の人たちは塗炭の苦しみを味わっている。だが、加害者の家族も苦しみ、離散し、弟は兄の犯した罪に懊悩し、ついには自裁してしまったのだ。

日本の犯罪史上まれに見る惨劇「秋葉原連続通り魔事件」が起きたのは2008年6月8日の日曜日。加藤智大は白昼の秋葉原の雑踏に2トントラックで突っ込み、さらにダガーナイフを使って7人もの命を奪った。

弟は兄が犯した事件によって職を失い、家を転々とするが、マスコミは彼のことを放っておいてはくれなかった。就いた職場にもマスコミが来るため、次々と職も変わらなければならなかった。そんな暮らしの中にも、希望がなかったわけではなかったという。事件から1年余りが過ぎた頃、筆者が彼のアパートを訪ねようとしたとき、たまたま女性と一緒に歩く姿を目撃したそうだ。優次は彼女に事件のことも話していたという。

<正体を打ち明けるのは勇気のいる作業でしたが、普段飲まない酒の力を借りて、自分のあれこれを話して聞かせました。一度喋り出したら、後は堰を切ったように言葉が流れてました。彼女の反応は『あなたはあなただから関係ない』というものでした>

ようやく心を開いて話ができる異性との出会いは、彼に夢を与えてくれたのだろう。しかし、優次の夢は叶うことはなかった。事情を知りつつ交際には反対しなかった女性の親が、結婚と聞いたとたんに猛反対したというのだ。二人の関係が危うくなり、彼女も悩んでイライラしていたのだろうか、彼女から決定的なひと言が口をついて出たという。〈以下略〉
http://www.j-cast.com/tv/s/2014/04/11201931.html

秋葉原通り魔事件 - Wikipedia


2:名無しさん: 2014/04/11(金)19:54:40 ID:cURldfZge

6:名無しさん: 2014/04/11(金)20:03:12 ID:a20WxQ1CL

マスコミなんて所詮そんなもんさ
目の前で何かが起こっても、報道の自由()とか言って
人権とかプライバシーなんて関係ない


9:名無しさん: 2014/04/11(金)20:07:52 ID:PfioDugaF

家変えて職変えても付きまとわれちゃなー
マスコミってアングラな事すきだなー


38:名無しさん: 2014/04/11(金)21:10:03 ID:0nDdWN4u5

まあ、家族があそこまでやらかしたら、まともな人生は送れないだろうが、
自殺に追い込んだのは、母親とマスコミだな


11:名無しさん: 2014/04/11(金)20:08:19 ID:dhbT4PsPh

弟いたのか初めて知ったわ
ご冥福を


14:名無しさん: 2014/04/11(金)20:09:37 ID:7bmKzexqh

犯人はいい大人だったんだから、家族に罪はないだろうに。


30:名無しさん: 2014/04/11(金)20:52:02 ID:slFhqzcke

教育ママに育てられたからストレス耐性がないのか
ストレス耐性がないママから生まれた生き物だからストレス耐性がないのか


31:名無しさん: 2014/04/11(金)20:53:41 ID:cObWJDSSa

ちょっとぐぐってみたけど、相当な母親だな
結局兄弟を殺してしまうんだ
何のために産んだんだよ


39:移民の名無しさん: 2014/04/11(金)21:11:16 ID:2WU16Su5Y

弟さんは関係ないじゃん‥‥
兄は兄、自分は自分で生きていけなかったのかな‥‥
鬱病というか気分的なエアポケットに入ってしまったか‥
ソースを読めば、恋人からの言葉が決定的だったみたいだね‥。
うーん‥マスコミが‥‥ゴミか‥。

<一番こたえたのは『一家揃って異常なんだよ、あなたの家族は』と宣告されたことです。これは正直、きつかった。彼女のおかげで、一瞬でも事件の辛さを忘れることができました。閉ざされた自分の未来が明るく照らされたように思えました。しかしそれは一瞬であり、自分の孤独、孤立感を薄めるには至らなかった。

結果論ですが、いまとなっては逆効果でした。持ち上げられてから落とされた感じです。もう他人と深く関わるのはやめようと、僕は半ば無意識のうちに決意してしまったのです。(中略)僕は、社会との接触も極力避ける方針を打ち立てました>


51:名無しさん: 2014/04/11(金)21:59:15 ID:2Vn416sEg

宮崎勤の場合

家族・親戚らの境遇
宮崎は両親の他に姉妹二人兄弟二人がいたが、彼らに対して「お前達も死ね」「殺してやる」という旨の嫌がらせの手紙が大量に殺到した。長女は職を辞め次女は結婚予定であったが自ら婚約を破棄した。二人の兄弟もいずれも辞職した。父親の弟は、5つの会社の役員を全て辞職をした。また父親の次の弟には2人娘がいるが、職を辞めてしまい、旧姓に戻るため妻と離婚をした。母親の兄の2人の息子も辞職した。背景には週刊誌で暴露された影響があったと言われる。

父親の自殺
家族は宮崎の逮捕から1年後に引越をした。宮崎は父親に対して私選弁護人をつけてくれるよう要請したがこれを拒絶。
4年後の1994年に父親は自宅を売って、その代金を被害者の遺族に支払う段取りを付けると、東京都青梅市の多摩川にかかる神代橋(水面までの高さ30m)から飛び降り自殺を遂げた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E5%8B%A4


44:名無しさん: 2014/04/11(金)21:19:17 ID:I3Z1YBU8i

こういう加害者家族もいればどっかのイジメ加害者の家族みたいなのもいる。

色々考えさせる記事ですね。


11 COMMENTS

名無し様@ぴろり2ch

兄貴も弟見習ってサッサととっくの先にしんでくれてたらな。
あの秋葉原はもう二度と戻らない。バカヤロー

返信する
てめーら

マスコミは…と言うがこの記事もマスコミが書いてる。自浄作用もないネットのアホどもが何ほざいてやがる

返信する
名無し様@ぴろり2ch

しゃーないな。
殺された側の遺族の方が何百倍も苦しく悲しく辛くて虚しい思いをしてると思うよ。
犯人側の家族と、被害者側の家族、どちらに同情するかといえば俺は後者だ。

返信する
匿名

秋葉原事件は必然!? トヨタ社員が憤る人材の使い捨て(前編) (後編)
トヨタやキャノンは、外資系企業と思ったほうが良い
09/01/04
トヨタ★元凶の奥田碩と渡辺捷昭★リコール問題
で検索

返信する

コメントを残す

禁止ワード、日本語が含まれないコメントは投稿されませんのでご注意ください。httpはttpでお願いします。