【余命】ネトウヨvs弁護士の戦いに暗雲。大物弁護士や大物政治家が次々とネトウヨの味方へ

  1. TOP
  2. »
  3. 政治・経済
  4. »
  5. 【余命】ネトウヨvs弁護士の戦いに暗雲。大物弁護士や大物政治家が次々とネトウヨの味方へ
1:2018/05/18(金) 06:53:38.35

朝鮮学校への補助金交付は利敵行為--などとするネット上での扇動を背景に大量の懲戒請求を送られた弁護士たちの間で、懲戒請求者に対し、損害賠償請求や刑事告訴など法的措置をとる動きが広がっている。これを恐れ、弁護士に和解金10万円を支払って謝罪する請求者も出ている。ネット空間の無責任な言説にあおられた軽率な行動が、実社会で法的制裁を受けようとしている。

弁護士の懲戒請求は、弁護士法に基づいて誰でもできる。請求を受けて弁護士会が調査し、当該弁護士の「非行」が分かれば処分する。懲戒事由は依頼人からの預かり金の着服や過大報酬の受け取りが多い。

朝鮮学校を巡り全国各地の弁護士会は近年、国が2016年に出した都道府県への通知が補助金縮小を招いたとして相次ぎ批判声明を出している。これを一部のブログが「犯罪行為だ」と非難。ネット上に非難の趣旨をまとめた懲戒請求のひな型も載る。請求は17年6月以降に届き始め、昨年末の日弁連会長談話によると、全国21弁護士会に800人以上から所属弁護士全員の懲戒請求があった。

佐々木亮、北周士の両弁護士(東京弁護士会)も法的措置を予定する。佐々木弁護士によると昨年、大量の懲戒請求をツイッターで批判し「(請求者に)落とし前をつけてもらう」と投稿。この文面を懲戒事由とする請求が約1000件来た。北弁護士も「(佐々木弁護士への懲戒請求は)根拠がなく、損害賠償が認められるべきだ」と投稿し、多数の請求を受けた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000078-mai-soci


大物弁護士

橋下「今回の懲戒請求は業務妨害とは考えにくい」
https://twitter.com/hashimoto_lo/status/996982265350471681
懲戒請求 橋下


大物政治家

みたに英弘 神奈川8区/横浜市青葉区・緑区・都筑区@mitani_h
一連の橋下氏のツイート内容については全く賛成。嫌がらせ目的の懲戒請求なんてものはあってはならないが、少なくとも今回の当事者の対応は度を越している。すでに様々な弁護士が声を上げているので、裁判に巻き込まれそうな方々がいるとすれば、ぜひ近くの弁護士にご相談を。
https://twitter.com/mitani_h/status/996937032361431042


ささき先生の事務所にもお前が悪いとの意見がどんどん届いてる

ささきりょう@ssk_ryo
【お知らせ】うちの事務所にクレームの電話が入っていますが、やめてください。懲戒請求自体を否定したことなど一度もありません。今回の事案に限っての対応です。そこを見ないで、一方的に事務員にまくしたてると、それこそ業務妨害で被害届を出すことになります。そのようなことはお止めください。



13:2018/05/18(金) 06:58:59.88

21:2018/05/18(金) 07:02:30.26

なおネトウヨを弁護する気はない模様


45:2018/05/18(金) 07:12:47.49

どうせ維新のお仲間だろと思ったら自民かよ


12:2018/05/18(金) 06:58:55.44

弁護士と介護士ってやっぱ似てるわ


31:2018/05/18(金) 07:06:43.95

まあ、他の弁護士も稼ぎ時やからな


35:2018/05/18(金) 07:10:05.84

ネトウヨとリベラルの代理戦争と化してるな


78:2018/05/18(金) 07:21:02.78
なお

橋下徹@hashimoto_lo
市民相手に損害賠償を起こし、10万円を払えば和解する旨を公言しているこの弁護士たちは、かなり勉強不足のようだ。まず一般市民の懲戒請求の権利は可能な限り保障されなければならない、と最高裁が断言している。
http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/507/081507_hanrei.pdf

HRK@hKodama
その最判H23.7.15には、「一般市民の懲戒請求の権利」とか「可能な限り保障されなければならない」なんて全く書かれていないんだけど…

ささきりょう@ssk_ryo
多分、補足意見を多数意見と勘違いしたんだろうな。学生などにはよくある間違いだから、橋本氏が間違うのもやむを得ないですね。


91:2018/05/18(金) 07:23:56.79

懲戒請求をする権利は正当であるし保障されるのは当たり前や
けど理由が正当じゃなけりゃそれは権利の濫用や


114:2018/05/18(金) 07:27:20.24

パヨも発狂し出して草
ウヨサヨはほんま楽しめるコンテンツやね


135:2018/05/18(金) 07:32:00.71

ささきの煽りは普通に懲戒請求だされてもおかしくないわ。
朝鮮連中は裁判しないし
北だけやろ裁判して勝てるの。


161:2018/05/18(金) 07:36:05.19

まああんだけ必死にテレビやネットで左翼が懲戒請求叩いてるってことは
よっぽど懲戒請求されたくないんだろうな


289:2018/05/18(金) 07:54:52.50

221:2018/05/18(金) 07:48:19.41

電凸がアウトなのも懲戒請求自体を扇動したやつが訴えられるのもわかるが
懲戒請求した個人を弁護士が訴えていいんなら
懲戒請求の制度自体が成り立たないような気がするな


248:2018/05/18(金) 07:51:00.49

自分らがやったことが正当やと思ってるなら、
堂々と裁判に出廷すればよろしいですやん
何で訴えるのを止める方向でキレてんの?


47:2018/05/18(金) 07:13:50.70

裁判官の罷免制度もそうやけど
大した効力もないんやし、これを機会に見直した方がええやろな
さんけんぶんりつを盾に司法は甘えすぎやろ


余命三年時事漫画


http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1526594018/
2018年05月18日11:30政治・経済 コメント(45)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
1. ぴろり:2018年05月18日 11:37
パヨク界隈からネトウヨ扱いされてる朝鮮総連顧問弁護士の高島章氏も
相談に乗るって言ってたな。
2. ぴろり:2018年05月18日 11:38
でも普通に恐喝だよね。
3. ぴろり:2018年05月18日 11:40
パヨクまた負けたんかw
4. ぴろり:2018年05月18日 11:44
これって知事や市長みたいにリコールできる制度が弁護士にもあって、それをやりました。
要求は不当だから言ってきたやつ訴えるわ、1人10万な、示談なら安くするぞってことでしょ。
おかしくね?
5. ぴろり:2018年05月18日 11:44
裁判すると脅迫されたらまず警察に相談して被害届を受理してもらう事かな
「告訴するぞ」という脅しに対して脅迫罪という判例がありますから
告訴するぞと脅迫して金銭を要求する行為は社会的問題ですから
それと同時に弁護士に相談だね

正当な主張が存在していれば懲戒請求行為は批判されないし損害賠償もする必要はないです
弁護士は懲戒請求者の悪意を証明しないといけないわけですが、正当な主張があれば問題ないでしょう
ただ請求者本人が悪意があったと認めたらダメですけどね
まず警察に行って訴えると脅迫されていると相談しましょう
6. ぴろり:2018年05月18日 11:59
あー脅迫されちゃったぁ 怖いわぁ 眠れないわぁ

ってことでヨロシク
7. ぴろり:2018年05月18日 12:04
これからドンドンこの恐喝弁護士に対するクレームは増えるよ?
一生をこのクレーム対応に使いたいのなら、今のまま踊っていればいいよwww
8. ぴろり:2018年05月18日 12:06
しばき隊や共産党のご用達弁護士だけあって金払わないと訴えるぞと脅迫するんだな
9. 名無し:2018年05月18日 12:36
告訴通知受けた人は脅迫容疑で反訴して、またこれを理由に新たに懲戒請求したればいいじゃない
10. 名無し:2018年05月18日 13:06
>>78
橋下が最高裁の意見と断言してるのは普通に間違いだが
まさか補足意見に全く価値が無いとでも思ってんの?

クソ忙しい最高裁判事が、別に書かなくても良いのにわざわざ頭ひねって時間使って書いてるんだぞ
法的には根拠にならずとも、弁護士どもの勝手な個人的見解よりは重視されるわ
11. 憂国のしし:2018年05月18日 14:00
これで43人の親戚の名前勝手に使った人も安心だ!
12. ぴろり:2018年05月18日 14:25
これを恐喝云々言っているネトウヨがいて笑う
どこに恐喝要素がw
それにしても橋本も罪な男
こうやって煽ってネトウヨが和解のチャンス逃したらどうするんだろうか
確実なのは橋下はネトウヨが負けようが弁護士が負けようが何も関係のない第三者って事
まあ個人的には裁判まで行った方が面白いのでネトウヨ頑張れっていう立場だがw
13. :2018年05月18日 14:25
払うとしても大した額でもないから、
ワイならウキウキで警察に恐喝の被害届出すわ。
14. ぴろり:2018年05月18日 14:42
※13
でも一人で10件とか出した奴もいるらしいじゃん
一件60万としても600万だからなあ
15. ぴろり:2018年05月18日 14:59
おとなしい日本人にここまで嫌われるとはね
ぱよぱよち~ん
16. ぴろり:2018年05月18日 15:01
なんJはホントサヨク臭いな
野球好きの団塊のおっさんが多いからか
17. ぴろり:2018年05月18日 15:48
判決の主文、理由にはっきり「懲戒請求は広く何人にも認められるとされていること(弁護士法58条1項)を踏まえて」と書いてあるけどパヨちゃんは脳みそが不自由なんでしょうね。

HRK@hKodamaは阿呆だしささきりょう@ssk_ryoは嘘吐きだわな。
18. ぴろり:2018年05月18日 16:27
佐々木とか言う品性のかけらもないごみのせいで

ネトウヨに泥仕合に持ち込まれて疲労してる


佐々木はネトウヨの脳みそレベル足引っ張るなよ頼むから
19. ぴろり:2018年05月18日 16:30
※1
彼みたいなのが本当の左翼

だけど佐々木とか言うバカが恫喝に近い言葉のせいで泥沼


左でもバカいるんだなずっと頭いいと思ってたわはあいらいらするわ
20. ぴろり:2018年05月18日 16:37
朝鮮学校への補助金交付なんぞ国賊かよと普通に思うわ。
21. :2018年05月18日 16:43
ネトウヨわろた
22. ぴろり:2018年05月18日 17:13
検察にしろ、地検特捜部にしろ反日の牙城である。
こいつらが権力を恣意的に行使して、日本社会を悪くしている。

もう、好きにさせていい時代は終わった。 
こいつらも潰すべき。

ネトウヨがどうのと書いている連中は低能のバカか工作員。
23. ぴろり:2018年05月18日 17:18
総連と金の取引あったこと裁判で証拠出されたりしない?
24. ぴろり:2018年05月18日 17:36
※22
ネトウヨの連中は低能のバカか工作員ども

今からでも遅くはないので懲戒請求を出せ

和解もせずに本裁判にいけやコラ
25. ぴろり:2018年05月18日 17:37
これで弁護士会にテロ法が適応されそうだなw
ざまあ
26. ぴろり:2018年05月18日 19:07
声明を取り下げればいいだけなのに、よくよく考えてみたら憲法違反やったってね。
誰も憲法89条違反なのかどうか言及しない。
北朝鮮と日本の弁護士会の癒着がはっきりしてきたね。
27. ぴろり:2018年05月18日 19:52
2513 懲戒請求放談会 – 余命三年時事日記

「朝鮮人学校補助金支給要求声明」が法違反として会長声明に賛同する傘下弁護士を懲戒請求しているのだから、
それが明らかな事由であり根拠だね。
その根拠があるかないかを判断するのは弁護士会であり、神原元弁護士ではない。
不当懲戒と不当懲戒請求という文言は紛らわしいが、まったく別物で、不当懲戒は権限を持っているものが行使する処分に関するもので、この場合は懲戒者=弁護士会であり、被懲戒者の不服申し立てあるいは損害賠償の相手は所属する弁護士会となる。

2483 懲戒請求すり替え資料 – 余命三年時事日記

法を適用するときに、いくつか条件がある場合、平等な場合は併記する。
優先順位がある場合は、その優先順に並べる。
上記4の場合の条文はその優先順に並んでいる。

1第一項の請求が不適法であると認めるとき

2対象弁護士等につき懲戒の手続を開始することができないものであると認めるとき

3対象弁護士等につき懲戒の事由がないと認めるとき

4事案の軽重その他情状を考慮して懲戒すべきでないことが明らかであると認めるとき

つまり懲戒請求の事由が不適法であれば、その時点で却下され、2以降は関係がない。
それが他の理由云々ということは、懲戒請求事由は適法であるということを認めていることになる。つまり、「違法である朝鮮人学校補助金支給要求声明」という指摘は正しいということになる。憲法第89条違反であることは弁護士ならば常識であり、これを隠すためにさらに事由の書き換えまでしているのである。

日本国憲法 第八十九条
公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。
28. ぴろり:2018年05月18日 19:53
2484 2018/04/27アラカルト① – 余命三年時事日記

法では検察への告発状と同じく、懲戒請求された弁護士への告知の際にも懲戒請求者の氏名は伏される。漏洩は犯罪である。ところが今回の懲戒請求は、日弁連幹部が朝鮮人学校補助金支給にこだわったため、日弁連会長と傘下弁護士会会長→加わるに幹部→当該全弁護士とエスカレートしていったものである。
まあ、あり得ないことであるが、会長以下幹部がすべて懲戒請求されているため、綱紀委員会の委員も全員が懲戒請求対象となっている。つまり、自分が自分を裁き、処分するという常識ではあり得ない展開となっているのである。
当然懲戒請求者の情報を知る立場にあるわけであるが、漏洩は重犯罪であるため、彼らは動けない。
そのため幹部ではない佐々木とか北とかを使うことになる。しかし、漏洩元はすぐにばれるため、さすがに個人情報は漏らせない。つまり現状では彼らはまったく動けないのだ。ただ、何らかの取り下げに動いた時点で情報が漏洩する可能性があるので気をつけよう。
29. ぴろり:2018年05月18日 19:53
2485 不当懲戒? – 余命三年時事日記

まず「不当懲戒」なんて用語は懲戒権を持つ組織内の処分に関するものであって、この場合は日弁連あるいは傘下当該弁護士会の問題であり、
懲戒請求者は処分権限など持っていない。つまり「不当懲戒に対する民事及び刑事上の責任」など存在しない。
では詐欺かというと、法的には「不当懲戒請求」「不当懲戒請求者」とは言っていないから、
勝手に謝罪し、双方合意のもとに和解契約書を締結し、勝手に慰謝料として10万円を支払った行為を法的には詐欺あるいは恐喝事件としての追求はむずかしい。
しかし、法的にはグレーでも、素人目では誰が考えても恫喝、脅迫行為である。これを日弁連が容認することによるイメージダウンは計り知れない。

2487 2018/04/28アラカルト② – 余命三年時事日記

ノースライム@noooooooorth 15時間
#不当懲戒 に対応するための費用のカンパをお願いするための口座を作成しました。
本件では今後懲戒請求者等に対し民事・刑事上の責任を追及していく予定ですが相応の費用がかかります。
少しでも皆さまのお力添えを頂けますと幸いです。

.....「不当懲戒」であって「不当懲戒請求」じゃないからね。また、「懲戒請求者等」であって
「懲戒請求者」ではないからね。告訴された場合の逃げを考えているのだ。
後段は弁護士法違反だよ。当然だが日本国憲法違反でもある。脅しだよ。
30. ぴろり:2018年05月18日 19:53
2319 2018/01/30アラカルト – 余命三年時事日記

日弁連の対応には大きな問題がある。
①懲戒事由である「憲法第89条違反」にはまったくふれていないこと。

②弁護士法に違反して懲戒請求者に差別取り扱いをしていること。

③弁護士法に違反して規定の手続きをしていないこと。

④綱紀委員会における議決が被懲戒請求者の抗弁と脅迫行為を容認していること。

⑤各弁護士会の施行規則に違反していること。

⑥懲戒請求の制度そのものを否定していること。
31. ぴろり:2018年05月18日 19:54
1919 2017/9/28余命の論客④ – 余命三年時事日記

個人的には以下の点から彼らの主張は説得力を欠いているのではないかなと思います。

・朝鮮学校補助金支給声明自体が外患罪を構成している。

・外患罪の法定刑は死刑のみであり、罰金刑ではないから、法人ではなくその構成員を犯罪主体と捉えざるを得ない。

・判例は法人の犯罪能力を否定している。

・日弁連は高度な自治権を持つ強制加入団体であり、懲戒権・監督権を持っている。

・弁護士の懲戒権・監督権は都道府県や省庁にないから、法人の解散や営業停止などの行政処分をもって刑罰とすることは困難である。したがって、外患罪告発が受理されない限り、懲戒請求以外の手段はない。

・日弁連は強制加入団体であり、日弁連の会長声明は対外的には「日弁連の総意」と(少なくとも一般国民にとっては)捉えられて差し支えない。
また懲戒請求制度は弁護士に対する一般国民の信頼を確保するためのもので、広く一般国民に認められるものであり、

「法律のプロである弁護士の強制加入団体である日弁連の会長声明がいかにして表明されるかという対内的プロセスを懲戒請求者が考慮しなければ、懲戒請求権の濫用に当たる」

と主張するのは、懲戒請求制度そのものの趣旨に合致しない。したがって「日弁連の会長声明は少数の弁護士が大多数の弁護士の意見を無視して、あるいは意見表明の機会すら与えずに出すものであるから、
会長声明を根拠に個々の会員を懲戒請求するのは懲戒請求権の濫用である」との批判は当たらない。

・そもそも最初から個々の会員に懲戒請求していたわけではなく、初めは日弁連会長、次に幹部と外患罪告発してきたが、違法状態が取り除かれなかった背景があり、それによって「弁護士への国民の信頼が揺らいだ」ことを持って個々の会員に懲戒請求するのは、プロセスとして自然である。
32. ぴろり:2018年05月18日 21:46
まあ態度は明らかに恐喝ぽい
33. :2018年05月18日 22:26
和解の条件提示が恐喝とはねぇ
問答無用で裁判始めろという主張なのかね
裁判は東京でやるとのことだから訴えられたアホはどこに住んでいようが東京に出てこないと自動的に負けとなる
その場合は一人60万だったっけ?
それを避けるための事前和解条件出すのは温情だと思うけどな

ネットの匿名、だと勘違いして行う攻撃は無抵抗では絶対に終わらないというのはスマイリーキクチの件ではっきりしてる
弁護士は対抗しちゃいけないなんて橋下も随分ひどいこというもんだね
懲戒請求呼びかけで散々文句言われたからだろうけど、余命も橋下も呼びかけはして自分は懲戒請求出してないのがなんだかなと思う
34. ぴろり:2018年05月18日 22:37
訴訟されたくなければ10万払えって恐喝くさいけどアリなのか?と思ってはいたけど
グレーなのか
35. ぴろり:2018年05月18日 22:43
違憲訴訟を提起して憲法違反を争うこと自体は何ら問題が無い。憲法違反かどうかを判断するのは裁判所。
違憲訴訟を提起した弁護士に対して、一般人が訴訟自体を批判して懲戒請求したのだから、司法制度に喧嘩売ってるのと一緒。まさしく請求の理由が無い。ネットで一部のアホが請求の理由はあると意味不明の論法を騙っているが、請求の理由がないことについては、どの専門家も異論はない。論点は、懲戒請求したアホをアホだからと訴えたら、法律素人である国民の懲戒請求権が萎縮してしまうのではないかという点。
本来、懲戒請求権は広く保護されるべきものである一方、請求の理由が無いことについて一般人の認識や社会通念上明らかだと言える場合においてまで保護の射程があるとは言えないだろう。判例の趣旨もそのようなものであるし、最高裁の補足意見は、請求権があくまで広く保護されるべきという原則論を補足することで判例の射程を限定するという、補足意見によく見られる類いのもの。
まとめると、今回は争点として、理由の無い請求権の濫用による業務妨害のおそれと将来の請求権の萎縮を招く可能性を比較衡量することになる。概括的かつ大量な訴訟提起は認められない可能性が高いが、煽動したと認められるような悪質な被告人はまず間違いなく負けるだろう。
36. :2018年05月18日 22:43
※33
恐喝という単語が適切かどうかは知らんが、非難されているのは「権利として認められている懲戒請求を行なったら報復として訴えてくる」という行動に対してだろ?
和解提示に対してのクレームじゃ無いと思うんだが
あえて論点ズラしてんの?
37. ぴろり:2018年05月18日 22:53
HITOSI@HitoshiOfficial
1 分1 分前
その他
【余命vs弁護士】をテロ朝が35分間偏向報道・弁護士会の朝鮮学校への補助金交付要求は憲法違反..佐々木亮と北周士という2人の弁護士による悪質なスラップ訴訟(恫喝訴訟)
ttp://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7084.html …
38. ぴろり:2018年05月19日 01:16
>懲戒請求自体を否定したことなど一度もありません。今回の事案に限っての対応です。

ここに違和感。
39. ぴろり:2018年05月19日 01:19
憲法違反の件で、弁護士に照会請求は確かに本来は筋が違うと思う。
自己の見解を実現したいなら、政策として実現させるほかにないから、このような問題を、もっと多くの人に認識してもらうよう情報を広めて、賛同者を増やし、それから政治家に陳情するというのがいいと思う。時間がかかるだろうけど。
40. ぴろり:2018年05月19日 03:44
この弁護士の一般人相手の恐喝ともいえる訴訟をやりっぱなしにさせてると
弁護士会が責任問われるな。

反日的活動に許せないと懲戒請求するのは国民の普通の権利。
虚偽、ウソ、でっち上げ、が入らないかぎり
その権利を踏みにじり脅迫訴訟する権利など弁護士にあろうはずもない。

41. ぴろり:2018年05月19日 09:39
※37
在宅起訴されてる中卒の話なんかいらんけど?
人のことより自分のことをやれよ
お前は何でそんな頭悪いやつを混ぜるんだ?
42. ぴろり:2018年05月19日 11:08
三谷英弘が大物政治家…?
そんなことより、ボクはネトウヨさんが勝利する所がぜひとも見たいので、
和解せずに徹底的に弁護士と戦ってほしい^^
大丈夫、余命さんを信じる者は救われる
43. ぴろり:2018年05月19日 11:13
ネトウヨとか言っちゃう奴は信用できないなぁ
44. ぴろり:2018年05月19日 11:19
いまだにネトウヨ連呼してる臭い韓J民は嫌儲から流入してきたゴミクズだからスルーで大丈夫
45. ぴろり:2018年05月19日 17:07
今弁護士が信じられない状態が起こっている。
成年後見人になった弁護士がその人の財産を使い込むという不始末が多数起こっている。危なくて成年後見人など頼めない。

朝鮮人の性癖
目の前に女が居れば強姦してでも欲望を満たし、目の前に金があれば手を出して盗み、目の前に権力の座があれば人を陥れてでも奪う。
相手が自分より弱いと見ると、徹底的に攻撃し暴力もいとわない。

つまり【性・金・権力・暴力】を性癖とする民族が日本の《司法》界を牛耳っている。違った形の岩盤規制だ。
その多くの在日弁護士が今回の「余命3年時事日記」の対象弁護士だ。
法律を無視して「朝鮮学校の無償化」の声明を出した。法律に則って仕事をしなければいけない弁護士が法律に抵触することに関わって声明を出すのは如何なものか!疑問を感じざるを得ない。
コメントする
名前
コメント

※ 本文「>>○○」、コメント欄「※○○」「米○○」で、該当レスがポップアップ表示されます。
※「http」を禁止ワードに設定しています。URLを書き込む場合は「ttp://~」でお願いします。


上へ
コメントを見る
コメントを書く
下へ