音楽家・平沢進氏、JASRACと大喧嘩し自分でレーベルを立ち上げMVでレコード会社を爆破

平沢進

  • 実は15年近く前からJASRACは持っていった金の行方を明らかにしておらず、とあるステルスミュージシャンはこの件で大喧嘩し、結果自分でレーベルを立ち上げ自身の曲のミュージックビデオでレコード会社を爆破しました
    https://twitter.com/anarog584876/status/829660055544827904

    http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0606/12/news005.html






    レコード会社爆破シーンが観られるのがこちらのPV「論理空軍」。Live部分の動画撮影には私も参加しておりますので、観てね(*´∀`*)
    https://twitter.com/pasha_lx/status/829702565889576960



    著作権管理団体および大手レーベルからの撤退
    それまで権利関係に疎かった平沢は、自分の楽曲の権利が出版会社に永久譲渡という形で契約されていることを知る。日本音楽著作権協会(JASRAC)によって集金された金から出版会社を介して50%を天引きされた額がアーティストの手元に渡るが、その出版会社に納められた残りの50%の額がどのように運用されるのか説明を求めたところ「プロモーションに努める」との回答のみで、どのようなプロモーションを行い、どれだけの対費用効果があるのか、平沢が納得できるだけの具体的な回答が無く「自分の権利が自分の選んだ出版会社と契約できないのは如何なものか」と平沢曰く「一回ゴネる」。

    その後、1999年にはP-MODELのアルバム『音楽産業廃棄物〜P-MODEL OR DIE』をMP3で配信することを発表し、それに伴う大手レーベルからの撤退を発表する。その後は著作権管理団体をイーライセンスに切り替えているが、P-MODELとして活動した初期の楽曲については権利の奪還が不可能であり、2010年に平沢が発売した『突弦変異』の収録曲の一部は、P-MODEL時代のセルフカバーであるにも関わらずJASRACに著作権料を支払ったことを明かしている。

    現在、平沢の新作CDについて販売方法は所属事務所の直売によるインターネット通販が中心となっており、店頭在庫が存在する店舗はタワーレコードやHMVの様な大都市部などのインディーズレーベルを大々的に扱っているCDショップに限られ、一時期は「賢者のプロペラ」より前の旧盤の個別入手は極めて困難であった。ただし、一部映画のサントラ作品はそれには含まれず全国流通しており、ソロアルバムについては2014年現在全て再版されている。また、版権がポリドール(ユニバーサルミュージック)、日本コロムビアにある一部のアルバムについてはiTunes StoreにてAACファイルの形で入手することが可能になっている。2014年現在では『HALDYN DOME』の発売と『太陽系亞種音』の再発により、ほぼ全ての既発表音源がオフィシャル通販で購入可能となった。

    MP3ファイルについては公式ウェブサイト内において未CD化曲の販売を行っており、また、ニューアルバムをリリースする度に収録曲の中から一曲またはアウトテイク数曲を無料配信している。 音楽業界及びJASRACの著作権管理体制については厳しく批判している反面、リスナーによる二次利用については「資本主義と相容れない音楽の性質」として黙認しており、前述のニコニコ生放送でもMAD動画に対して好意的な反応を示している。動画サイトにおける権利者削除の対象も「平沢進の亜種音TV」をはじめとするインターネットコンテンツや新曲に留まる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B2%A2%E9%80%B2







    Ash Crow - 平沢進 ベルセルク サウンドトラック集


    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    1. ぴろり

      音楽の宣伝って、まずは聞いてくれる人を増やすことだからな
      そこを絞ったら買ってくれる人も減るさ

    2. ぴろり

      平沢進が論理空軍だしたのってもうかなり昔の話じゃないか
      色んな抗議にも関わらずカスラックの悪行が表に出てこなかったのは怖い
      今回の件でいい加減こいつらの全貌が丸裸にされてほしい

    3. ぴろり

      MOTHERは名曲

    4. ぴろり

      文科OBの再就職先ですから桝塵は絶対に実態報道しません。

    5. ぴろり

      漫画家もってのわかるわ
      俺も読みきり一本描いただけのとこから契約書きてびっくりしたわ。
      方向性が編集と会わなくてほぼケンカ別れだったんで、スルーしたけどさw
      二次元も、二次創作の権利者に使用料を~とかいってこんな組織できちゃうのかなぁ

    6. ぴろり

      ※5
      さり気なく自慢しようとして馬鹿を晒してるだけの典型がいるなぁ
      一本出しただけのとこから契約書が来るって当たり前だろ?
      お前はそれをどうやって世の中に出すつもりなの?
      というか契約書を交わしてないってことは実は出せてすらいないだろ
      そもそも印税というものが存在してる漫画家とこの問題はまるで違う
      妄想騙ってる暇があったら引き篭もって首でも吊ってろクズ

    7. ぴろり

      ※5
      何も理解してないなら黙ってればいいのに、何で馬鹿ってすぐに頭の悪さを晒しだすんだろうなぁ
      馬鹿にも分かりやすいように教えてやるが、二次創作ってのは著作法違反だ
      犯罪犯してる相手から使用料取れるわけないだろ間抜け
      カスラックがやってることがどういうことかまるで理解してないじゃねえか
      頭悪いんだから黙ってろよ

    8. ぴろり

      こいつらどうやら日本語が読めないらしいな
      「音楽出版社」って書いてあるの見えないのか・・?

    9. ぴろり

      平沢唯ちゃん、すげぇな

    10. ぴろり

      すごいひとってのはいろいろすごいんだなあ

    11. ぴろり

      にわかのガキが一部この人を叩いたりしてるけど
      実際にカセットテープ全盛期の人間なら
      ラジオの音楽番組をアナログで録音していた時代だって知っているし
      本文中に書かれている内容だって理解できる

    12. さすが

      かっこいい
      他のアーティストもこれぐらいハングリーにいってほしいよね

    13. ぴろり

      株式会社ベストアシスト
      伊藤恒朋09040804549
      いとうつねあき
      ttps://www.facebook.com/tsuneaki.ito

    14. ぴろり

      ただ、あんまり調子に乗ると不審な事が起きたりするんでしょ? 怖いよねw

    15. ぴろり

      平沢氏もすごいし、グレイトフル・デッドってバンドは著作権どころか自分たちのライブの録音やグッズの配布・販売を自由に許可して、ファンの布教活動を大いに奨励したんだよね。その結果歴代米大統領もファンを公言するくらいのバンドになった。
      日本だとライブ会場でも何十人も警備員がいてちょっとした撮影すら厳しく取り締まられる。

    16. ぴろり

      これがこれからの若い音楽家のスタンダードになってほしいし、じゃないとマジで良い音楽、かっこいい音楽が日本から生まれなくなる。頑張って道を示してほしい。

    17. ぴろり

      JASRACだけじゃなく
      音楽出版の悪行も出てきちゃったね
      どちらも音楽家にしっかりと還元して
      音楽協会を支えようじゃなく
      俺達の飯の種作って頑張れよって悪徳集団だね

    18. ぴろり

      バンディリア旅行団は神曲
      これ、契約方法が問題じゃないかなぁ?
      説明不十分で曲の権利永久譲渡とか詐欺のやりかたじゃないの?
      音楽家にも選択の自由はあるだろ
      マネジメントが面倒だったらそれをお任せするという意味で
      収益の一部を渡すのはアリとして、
      いつ・なにをするがはっきりしていないものに永久に50%の中抜きとかさ
      音楽家をATMにして儲けているだけじゃね?
      そろそろ法的にJASRACと怪しい企業を整理した方がいいよ
      権利ヤクザのせいで日本の音楽環境がボロボロになる

    19. ぴろり

      映画業界や報道関連にも同じような問題があるよな
      しかも、それらのトップは思想的に非常に危険な人間・・・
      簡単に言えば「反日」的思考の持ち主ばかりだ
      今の政権のうちに掃除してほしいものだ

    20. ぴろり

      JASRACは管理団体で法執行機関ではないのだからもっと柔軟であってもいい。業界縮小の一因だと疑われていることをもっと重く受け止めた方が良いのでは。
      利権でしか生き残れない企業が多くて先行きに不安しかない。

    21. ぴろり

      JASRACじゃなくて出版社と喧嘩しただけじゃないか
      タイトル捏造でアクセス稼ぎ、お疲れ様です

    22. 名無しさん133949

      なんかこう言うの見るたび法とは?と思ってしまう
      知らない奴が悪いで済ませてるのにもとても違和感がある
      とてもアンフェアな仕組みだよ

    23. ぴろり

      文部科学省の天下り先はJASRAC

    24. 名無しさん133951

      ※21
      ここには書いてないけどジャスラックとも揉めたよ
      2009年頃にも弁護士通してやりとりしてた

    25. ぴろり

      ※7
      別に二次創作が何でもかんでも著作権法違反になるわけじゃないぞ

    26. 名無し

      テレビとか雑誌に出ないしこの人を知るきっかけってほとんどインターネットからだろうからそこで広めてもらう手法を取ったのは賢い
      というかこの人は本当に賢い。売り方をわかってる

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>



    ※アダルト、暴力的、差別的な言葉は禁止ワードになっています。「http,https」は「ttp://~」でお願いします。