韓国で話題の写真。これが火病の原因ですね

崔碩栄@Che_SYoung
憎しみ。
韓国で話題の写真。サムスンの副会長の写真にモノを投げる少年。私は子供に憎しみを教えるのは「児童虐待」だと思う。子供の人格形成にも悪影響。これは親と先生の責任。将来、この子はまた何かに向けてものを投げる大人になっているだろう。大統領写真?日本総理の人形?本当に可哀想
https://twitter.com/Che_SYoung/status/823383927947526145
韓国子供火病








    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    1. ぴろり

      チョンは半島ごと消滅させたほうが世界のため

    2. ぴろり

      これは子供に対する虐待だ。
      可哀そうに、子供の内から歪められた教育・しつけでがんじがらめにされて。
      親や周りから虐待されるなんて悲劇としか言いようがない。

    3. ぴろり

      韓流ファンにこれを見せて、感想が聞きたいw

    4. 7c

      これが 生態ですので 仕方がない
      ハイエナに ハイエナやめろと誰が言うの?

    5. ぴろり

      ただ、じゃあ、まっさらな0歳児の朝鮮人を日本に連れてきて、
      日本人のように育てれば日本人っぽくなるかというと、
      それもちょっと疑問だな。結局、火病るタイプになりそう。

    6. ぴろり

      韓国でまともな教育なんて無理でしょ

    7. 乃木坂ヲタ

      歪んだ国に育つとこうなるのか?

    8. ぴろり

      韓国で国の成り立ちから歴史から「世界的に見て公正で正しく」教えたら
      あまりに惨めで姑息な自分たちの現実を知って自我が崩壊しちゃうから
      反日をガキの頃から刷り込んで嘘歴史教えて生きて行くしかない

    9. ぴろり

      「ソウル 地下鉄 反日絵」
      とかでググると韓国人は子供の頃から頭がおかしいと理解できるぞ
      日の丸焼いたり日本人を刺し頃したりする絵を書かせて山ほど駅に飾ってるから。

    10. ぴろり

      こんな子供の頃から人を憎み物を投げつけることを覚えるのか…
      韓国の未来は明るいな

    11. ぴろり

      もともとから、精神病んでいる民族だからね。 

    12. ぴろり

      昔TVで韓国の小学校の運動会の映像が流れてたの見たけど、
      竹やりかなんかで日本人みたいな人形に向かって走って行って槍で突く競技をやっていた。
      こんな小さな子供に人形とは言えど人を殺すような真似をさせて
      喜んでるなんてまともじゃないと思って怖くなった。
      好きなタレントもいるから友好的な関係になれたらいいのにと願うけど、
      国がまともじゃないから無理な気がする。
      善悪が判断できない小さい頃から憎しみを植え付けられてるからね。
      日本だって戦争に負けたり、歴史的にいい事も間違ったこともいろいろあったろうが
      憎しみを教わったことはない。
      戦争は悲しみや憎しみが生まれてたくさんの尊い命を失った事は教わったけど、
      その中でもやはり憎しみは教わらなかった。
      むしろ憎しみはさらなる憎しみしか生まないと教わることが多いと思う。
      綺麗ごとかもしれないけど、この国で生まれて教育を受けて良かったと思う。

    13. 名無し

      こうやって常に何かに対して恨む事を教育されてるからあんな人間ばかりになるんだろうね

    14. ぴろり

      日本人が想像するまともな価値観ってものを持ってないんだろうな
      人に物を投げるななんてわざわざ教えるまでもないことなんだろうに、むしろ投げなさいと教えるとはね

    15. ぴろり

      金持ちを批判しても自分が金持ちになるわけではありません。
      それどころか金持ちの足を引っ張れば自分に跳ね返ってきます。
      愚民教育された韓国人はそんなことも理解できないんだなぁ。

    16. ぴろり

      存在の根源にまでしみ込んだ「憎悪」。

    17. ぴろり

      北の元帥様相手なら、自分の命に係わる事項だしまだ理解できるがな

    18. ぴろり

      呪いや恨みは陰気を呼ぶわけよ邪気となり
      その人の持つ他の「気」をすべて押し下げる
      刺し違えるほどの覚悟がないと達成できない。

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>



    ※アダルト、暴力的、差別的な言葉は禁止ワードになっています。「http,https」は「ttp://~」でお願いします。