50代が若者の貧困の正体を解説

悲報



  • 若者貧困














    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    1. 名無しさん194120

      金が無いならスマホ解約しろ。
      頭悪すぎ

    2. 名無しさん194121

      前から俺が言ってることじゃん
      介護職だが利用者がよく今の若者は大変だよねって言ってる
      利用者が「今は、最低でも高卒、車の免許取得、英会話、パソコン使える、スマホ所持、他にも資格がないと仕事がないんだから、私が若い頃はこれだけできたら、エリートで出世してるよ」って言ってたわ

    3. 名無しさん194122

      正直、奨学金で同情できんわ。。自分は働いて卒業した苦学生だったからなぁ

    4. 名無しさん194123

      言ってる事は本当に最もだと思う。
      論点違うけど、自分は40代だけど、50代は金が無くても生活できたっていうのが全く想像できない。
      10年ぐらい違うだけなのにな。

    5. 名無しさん194124

      この程度のよしよししてもらって喜んでるんじゃねーぞ小僧
      マクロ経済動かすためにも賃金上昇は必要なんだ
      それをコスパコスパ言いやがって、低賃金競争にしたのは誰なんだよ
      小僧本人もいっちょかみしてんだろ

    6. 名無し

      いかにも共産党が書いたような記事だな。スマホは必須か?必須とはそれが無ければ死んでしまうというものだ。スマホなんかなくても生きて行けるし、奨学金だって貰わなくても大学には行けるぞ。要するに、若者は贅沢をしすぎている。贅沢かどうかもわからないような人は一度落ちるところまで落ちろ。タイで詐欺罪で捕まった多重債務者を見てみろ。爺さん婆さんから騙して金を奪いやがった。自分の祖母が金を騙されて奪われたと知った孫はどんな気持ちだろうな。俺はガラケイだけど何の不自由もない。

    7. 名無しさん194131

      食料品はここ数年で3割以上も騰がってるのに
      消費者物価指数0.9%という発表だもんな
      どういう統計の取り方をしてるんだよ

    8. 名無しさん194137

      時代というより、個人差と地域の格差だよな。

      氷河期世代でも高校くらいはバブルの余韻に浸る恩恵はあったはずだが、地方だと貧困層は割と多かったし。
      現代は金がかかると言っても昔とは違い、親に負担かけてるニートの多さをまず理解してない。

      あやふやでしかないコメでも、若年層寄りだから賞賛されてるだけだろう。

    9. 名無しさん194138

      携帯も奨学金も必須なわけねーだろ
      使い過ぎてるだけだよ

    10. 名無しさん194139

      お前ら年収1000万ない貧乏人のくせに貧乏人に厳しいよな
      カッコつけて自由主義経済や自民党支持してるのか知らないけど、お前らが団結するべき相手は非正規の底辺や共産党なんだよなぁ

    11. 名無しさん194146

      50代なら若いころは分かりやすく車に金をつぎ込んでいたんだろうけど
      今の若者は娯楽の多様性であちこちに金を使ってるだけなんだよなぁ

    12. 名無しさん194149

      社会に出たばかりの若造が10年もすりゃ結婚して家庭もてるようにする
      自分達が上の世代の「大人」にそうされたように次の世代に繋ぐ
      途切れたら終わり

    13. 名無しさん194152

      賃金が上がらず物価が上がってるからに決まってるだろ。
      何言ってんだこのジジイ。

    14. 名無しさん194153

      昔も浪費してるヤツもいたし節約(貧乏)してたヤツもいた。
      奨学金借りてるヤツも多く居た。
      金が無いなら風呂無しアパートに住んでボロいママチャリでも乗ってた。

      今でも携帯なんか格安simと中古スマホもあるんでさほど金は掛からないのに
      金が無いとか言って課金ゲームには平気で金を使う着てない。

      バルブは豪勢だったらしいと良い面ばっかり聞いて
      身の丈にあった生活をしていれば、今と昔はそんなに違わない。

    15. 名無しさん194166

      大学卒初任給と国民年金の推移を比較すればいい

    16. 名無しさん194177

      若者がビンボーなのは今も昔もかわらんよ

    名無しに返信 返信をキャンセル

    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>



    ※アダルト、暴力的、差別的な言葉は禁止ワードになっています。「http,https」は「ttp://~」でお願いします。