山梨県の啓発ポスター(1971年作成)がマジ怖すぎな件w(画像)

  1. TOP
  2. »
  3. 地域
  4. »
  5. 山梨県の啓発ポスター(1971年作成)がマジ怖すぎな件w(画像)
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:30:10.49 ID:RaiYLHdo0

地方病ポスター
http://i.imgur.com/EoCtwJk.jpg


初めて見た時ガチで戦慄したわ・・・



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:31:08.57 ID:qLDtBHVJ0

マジキチ


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:33:04.43 ID:lIeS/snX0

地方病と殺そうというフレーズでマジキチ度アップだな


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:50:32.70 ID:vLxiTplC0

子供の頃見たらトラウマだな


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:48:44.71 ID:+fDSttBz0

なにかを予防したり警告するためのもんだから、啓発ポスターは怖くなきゃな
ACのCMしかり


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:31:11.94 ID:hg/b1/QD0

22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:49:02.71 ID:Cr/cre1LO

>>5
寄生虫が寄生してる貝

人間が寄生されるとイラストみたいに腹が膨れ

妊婦みたいになる

って社会で習うはずだぞ


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:32:23.57 ID:uxCoaAO60

日本では、古くから山梨県の甲府盆地底部、福岡県、佐賀県の筑後川流域、
広島県深安郡片山地区(現:福山市)の風土病として知られていた。

最大の有病地である山梨県ではこれを「地方病」と呼び、古くは「流行地には
娘を嫁に出すな。」という地域差別にまで発展したことを伺わせる話も伝わる。

同県では、日本住血吸虫対策を行ったことで、肝硬変による死亡率が約2/3に
まで激減するほど人々の生命を脅かす存在だった。


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:35:20.86 ID:ZYGBJ2va0

地方病
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/42/70/01a02e128e8242250982e434f19e5abf.jpg
地方病
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/67/b5/98a59eb413a00772289dcbb302b0348a.jpg


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:38:57.72 ID:2TaOH+u20

>>13
タニシ?これに吸われたら病気なんの?


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:42:43.50 ID:ZYGBJ2va0

>>14
日本住血吸虫病とはホタルのえさとなるカワ二ナという
巻貝に似た宮入貝を中間宿主とする寄生虫が

人間や動物の皮膚から侵入して血管に入り込み、
ひどくなると腹水がたまったり、肝硬変を起こしたり、
最悪の場合死にいたるという恐ろしい病です。

血管内に入り込むので、他の寄生虫のように虫下しを飲んでも効かず、
治療は静脈に注射して投与するスチブナールという薬を使いますが、
副作用がひどく体の負担が大きく辛い治療なのだそうです。

中間宿主となる宮入貝が生息できないように田んぼの水路をコンクリートにしたり、
薬や火力によって宮入貝を撲滅したりという努力の結果、

杉浦三郎先生が亡くなった昭和52年以降感染貝の存在は認められず、
山梨県は平成8年に地方病終息宣言を出しました。


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:45:03.60 ID:lIeS/snX0

>>17
へぇ
これを見るとあのポスターも納得いくな


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:44:49.97 ID:2TaOH+u20

怖いな血管にはいってくるのか


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:47:10.08 ID:BHHa+0tQ0

ちゃんと撲滅できたのか

頑張ったな


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:48:37.27 ID:rjnE6tBOO

果たして絶滅したのかな…いつ復活するかわからん


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:49:17.06 ID:s6UbbxgZ0

凄まじいな


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 00:58:35.74 ID:RaiYLHdo0

ちなみに>>1 の画像は
ウィキの「地方病 (日本住血吸虫症)」って記事に貼ってあったやつだ

この「地方病って病気の原因はミヤイリガイだが

このミヤイリガイの繁殖が酷い地域では、水に漬かっただけで感染、
草むらを素足で歩いただけで病気に感染、朝露を踏んだだけで感染し、
おおよそ10年以内に死に至ってしまうとかいうマジキチだったらしい


ウィキの「地方病 (日本住血吸虫症)」はこれだな
地方病 (日本住血吸虫症) - Wikipedia

まだ読み終わってないが


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:06:07.69 ID:RaiYLHdo0

病気が流行ってた地域(甲府盆地)

地方病
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/43/Schistosoma_japonicum_infection_levels_Kofu_Maps_2.png


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:08:14.25 ID:/1Gh2Ud40

それは1996年2月19日知事が「山梨県における地方病の流行が終息したことを宣言する」まで続いた戦いでした。

つい最近なのは驚きですね。

大流行した春日居村の住民によって始めて訴えられた藤村県令への「御指揮願」という嘆願から実に110年かかったのです。



結構すげえんだな


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 02:23:45.63 ID:ZBcfgFBv0

地方病のwiki読んできた 不覚にも泣いたわ 医学ってすごいな


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:21:51.83 ID:66SXp9VF0

福岡では

地方病
http://hi.mymy.jp/chikugohi/miyairi/miyairi01.jpg


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:35:26.00 ID:66SXp9VF0

形態変化しすぎてよくわからん

地方病
http://viploader.net/ippan/src/vlippan308874.png


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:11:36.16 ID:hg/b1/QD0

39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:29:35.09 ID:Cr/cre1LO

>>35
ツツガムシが流行った時は山に立ち入り禁止になった
今のマダニのウイルスとほとんど同じような症状で致死率高い病気を持ったダニ

昔から日本では地味に死に続けてて
年末に一年無事に過ごせた挨拶や物事が無事に済んだ時に

つつがなく過ごせた、つつがなくすんでよかった
って言葉があるが
これはツツガムシに刺されと死ななくて良かったからきてる言葉

一部の地域では悪魔や妖怪としても言い伝えられてるツツガムシって化け物から
名前がついたダニ

今でも普通にいる


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:34:28.14 ID:UfoFNqEgO

>>39
ググったらつつがないのくだり嘘じゃねえか


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:47:05.44 ID:Cr/cre1LO

>>40
ちゃんと語源読んだ?

原因が分からない恐ろしい病気をツツガムシって妖怪の仕業として恐れていて
原因がわかったから
原因のダニをツツガムシって名付けたんだよWWW


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:59:59.14 ID:UfoFNqEgO

>>44
「つつが」は病気や災難を意味する「恙(つつが)」で、漢字は「恙無い」「恙無く」と書く。「つつが」と同源で、「病気になる」「差し障りがある」などを意味する動詞「恙む(つつむ)」の名詞形「恙み(つつみ)」もあり、「つつみなし」という言い方もあった。

また、「恙む」は障害にあう意味の「慎む」「障む」などと同源で、これらは「包む」と同源である。つつがないの語源には、「ツツガムシ」という虫が病気の原因となることから生まれたとする説もあるが、「つつがなし」よりも後に見られる「ツツガムシ」の名とするのは、明らかにおかしな説である。
http://gogen-allguide.com/tu/tsutsuganai.html


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:49:04.87 ID:1tX1b6xQ0

ダニこわいよ


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:53:04.36 ID:ekBzZIV7i

orientia tutugamushiってそのまま菌名になってるんだな


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/02(土) 01:57:41.90 ID:66SXp9VF0

こっちのポスターじゃ駄目ですねわかります

地方病ポスター
http://up3.viploader.net/ippan/src/vlippan308875.jpg


http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1362151810/
2013年03月03日01:20地域 コメント(76)タグ:   
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
1. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月03日 02:18
本筋と関係ないが語源由来辞典は間違い多いぞ
2. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月03日 03:11
やっぱり「コンクリートから人へ」は現代ボケ発言だよな
自然はある程度ねじ伏せないと駄目な部分がある
3. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月03日 04:19
同じCDに160万貢ぐ方がキチだけどな。
4. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月03日 08:42
グロ画像注意があったぞ
5. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月03日 13:03
石和で温泉が出たのもよかった。春日居、石和の人たちが農業以外で生活できるようになった。
6. 名無し:2013年03月03日 14:51
きちんと慰霊碑建ててるのん感動した
7. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月03日 21:03
1980年代後半まで地方都市だとこの手の啓発ポスターとか
防犯ポスター&看板が貼ってあって昔は街頭の明かりも
暗かったりしたから子供の時夜道で見ると怖かったなぁ
今残ってればレトロ看板として味があるんだが
8. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月03日 22:09
wikiの記事全部読んできたけど、とんでもない努力があったんだな。
9. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月04日 00:58
ちょっと検索して出た結果を
さも自分の知識であるかのように貼り付けて
他者を攻撃する奴ってウザい
(こういう説もある、と提示するだけならば分かる)
お偉い学者であっても、自説を言い張ってるだけの人もいるし
鵜呑みにするのはいかがかと
特に、人によって見方が違ってたり、地方によって特色のある事柄は。
10. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月04日 00:58
ちょっと検索して出た結果を
さも自分の知識であるかのように貼り付けて
他者を攻撃する奴ってウザい
(こういう説もある、と提示するだけならば分かる)
お偉い学者であっても、自説を言い張ってるだけの人もいるし
鵜呑みにするのはいかがかと
特に、人によって見方が違ってたり、地方によって特色のある事柄は。
11. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月10日 08:33
側溝のコンクリートにこんな目的があったのか
12. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月11日 19:26
俺、この地図のまさにオレンジ色のど真ん中(現:中央市)に住んでるんだが大体これで合ってる。
しかし・・・時々、川掃除の後を見るとカワニナっぽい巻貝がいるっぽいんだが。どこかに相談するべき、だよな?
ちなみに、うちのばーちゃんの姉ちゃんが地方病で亡くなっている。多分、昔のことだからカワニナと同じ川のタニシとかを食ってたり農作業をしていたせいじゃないかなと想像。でもばーちゃんはかかってない不思議。
何にせよ、俺は生まれていなかったからよく知らないが、やっぱりこえーよこの病気。
13. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月14日 11:43
山梨って村と町ばっかりだったんだな
14. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月17日 06:33
この寄生虫、駆除して病気を克服できたのは日本だけなんだよなぁ。
東南アジアでは今も苦しんでる地域があるのを思うと、頑張って
克服して欲しいと思う。
15. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月21日 02:38
静岡だけど沢にいっぱいいるタニシっぽいのを昔爺さんにカワニナだって教わったんだが………
その沢はホタルもいたし形そっくりなんだけどどっかに言ったほうがいいのか?
沢でカワニナ(?)やらサワガニやら友達と獲りまくってたのが8年ぐらい前だから今も絶対いる
16. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月24日 00:19
ツツガムシを使った忍法を使う忍者の話が
白土三平の漫画にあったな。面白かった。
17. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月28日 02:02
江戸時代から平成までの医学者たちの長い戦いか。
18. 名無し様@ぴろり2ch:2013年03月28日 18:29
カワニナとミヤイリガイは似てるらしいからなあ
どっかでは「ミヤイリガイめー」っつってカワニナが巻き添えになって蛍が減ったりしてたはず
19. 名無し様@ぴろり2ch:2013年04月08日 09:32
wiki全部読んじまった、すげー話だと感心しつつもこんな事があったなんて
全く知らなかった
wikiは三毛別やドナー隊など、下手なラノベより面白い記事があるからたまらん
20. 名無し様@ぴろり2ch:2013年04月13日 21:19
宮入菌とは違うの?
21. 名無し様@ぴろり2ch:2013年04月17日 14:57
白土三平の忍法秘話だったかにこの話出てくる
天才くノ一スガルが、抜け忍になって農民の男と幸せに暮らしてたんだけど
居場所がバレてしまって、最後に沼地に数人の追手を誘い込んで自分も殺されるが
止めを刺した連中も数年後に全員廃人になって結局全滅するって話。

その話じゃ、皮肉なことだが工業排水や河川の汚染のお陰で寄生虫も生きて行けず
現在この病気は激減してるって書かれてた(昭和30年頃のマンガ)
22. 名無し様@ぴろり2ch:2013年04月17日 15:09
>12 カワニナに着くのは肺吸虫とかの違うやつ 経口感染しかしないから熱を通せば無問題
>18 よく見れば殻の巻数で判るようだが(カワニナは5、宮入貝は8前後)
>20 研究者は違う宮入氏 全く無関係
23. 名無し様@ぴろり2ch:2013年04月20日 02:30
双葉町出身の父は今でも「川には日本住血吸虫が・・・」と言ってどこでも絶対入らない。
24. 名無し様@ぴろり2ch:2013年04月22日 23:06
え・・・ちょ やだ
わたし山梨県民なんだけど
そんな話習わんかったよ
ゆとり世代だからなのかなぁ・・・
25. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月01日 13:15
怖い話だなあ、こういうのはキチンと勉強したいと思った
26. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月03日 22:28
山梨出身かつゆとりだったが、確かに話聞かんかったな
撲滅宣言でる2年前に生まれたのにな・・・ハハハ・・・
地方病は数年前に寄生虫詳しい友人から教えてもらった。
27. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月09日 22:11
日本住血線虫ってかたつむりにも寄生するんじゃなかったっけ?
広東住血線虫だったか
28. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月10日 12:40
確かに風土病にしろ、治水関係にしろどこかで自然を
ねじ伏せてでも断ち切ったから今を平和に暮らしてる面は
有る訳だから、自然破壊は良くないけど安易な自然回帰も
危険だよな。どんなにキレイ事言っても災害や病害の復活なんて
絶対に受け入れられる訳ないんだから
29. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月11日 07:20
Wikipediaをみたら、「制圧」「撲滅」という言葉の重さが分かるよな。
俺らは簡単に言うけど、そのためにとんでもない努力と労力と犠牲がある。
30. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月11日 21:36
隣に住んでいたおばさんが、昔コレにかかってたらしく、
歳を取ってから、コレが元で肝臓を悪くして最近亡くなりました。
つーか、私自身、子供の頃、水路に近付くな!と散々脅かされた世代ですー。
31. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月13日 00:36
昔の精神病とかうつ病の薬のパッケージみたいな絵だな。
32. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月15日 02:33
宮入貝とカワニナは形状も似ているが、生活環境も似ているため、
「宮入貝の駆除=カワニナの駆除」になっちゃうんだよね。
そして、それを餌にしていた蛍(の幼虫)も減る。
地図にある釜無川流域は蛍の名所だったが、地方病の撲滅の活動中から蛍が激減した。

宮入貝は絶滅。現在みかける巻貝はカワニナさんです。
33. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月15日 03:07
※32
間違った。日本住血吸虫がほぼ絶滅したんでした。
34. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月19日 16:48
皮膚から侵入してくるのか怖いな
人って色々な物を絶滅させてしまって来たけど
中には絶滅させた方がいい事もあるんだな・・・(天然痘とか)
35. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月20日 05:41
自然の恵みを享受すると同時に、自然の脅威を排除し続けて来たんだよね
36. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月23日 13:55
ドラマ化決定
こういうの映像化して定期的に放映できるならテレビに人は戻ってくるよ
37. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月24日 18:00
これが世に言うポテ腹ブームか
38. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月26日 16:52
本当に怖いな・・
そんな地方病があったなんて知らなかったからwikiみてこよう

たまに外国で寄生虫の話聞くけど、昔の日本でそれだけと努力してきた結果今の安全な日本があるわけだよな 医学の力も昔の人々も尊敬するよ
コンクリートの側溝はよく見ててなんか景観悪いなーとか思ってたけど便利さや安全を考慮して作られたわけだしな


思ったけどこういう昔のポスターってシンプルなのに色遣いとか文字だけで怖いとか不気味って思わされる
地元では人権カルタみたいなのがあったけど、切り絵で凄い怖かった
あと父親の教育書とかでなんか見たことあるけど絵とか文字を読むだけでも怖かった 規制も薄くそのままを移した白黒写真とガリ刷りの文字でなんか静かな人間らしさがあった 
39. 名無し様@ぴろり2ch:2013年05月27日 22:24
甲府周辺の人

せとじゅうやん もしくは
せとじゅうさんのこと 親に聞いてみろ
40. 名無し様@ぴろり2ch:2013年06月06日 22:59
当時の社会的風潮もこのデザインに影響してるよね

当時の本とか演劇も、こういう退廃的でアングラ思考なデザインが流行ってた
41. 名無し様@ぴろり2ch:2013年06月09日 15:36
沖縄県糸満市の川にこの貝ぽいの大量に繁殖してたぞ?
42. 名無し様@ぴろり2ch:2013年06月09日 22:53
地方病 (日本住血吸虫症)のwiki
軽い気持ちで読みはじめて圧倒された。
ほんとコンクリートは人を救ってるんじゃないか。
金丸信も見直した。
43. 名無し様@ぴろり2ch:2013年06月16日 21:43
若い頃、この汚染地域のど真ん中にお客さんがいて良く通ったなあ。
まだ、撲滅宣言が出ていないころで・・・
それでもちゃんと田んぼを農家の方がやっていた。
ご苦労されていたんだね。
44. 名無し様@ぴろり2ch:2013年06月22日 11:52
沖縄はカタツムリの被害のほうが問題なんじゃないか?
45. 名無し様@ぴろり2ch:2013年06月25日 00:50
最後の感染は1977年だろ
終息宣言が遅いだけで
46. 名無し様@ぴろり2ch:2013年06月28日 08:17
雛見沢症候群
47. 名無し様@ぴろり2ch:2013年07月03日 17:27
川をコンクリで固めてるのにはこういう理由もあったのだと考えると自然を残しておけばいいってもんでもないよな
48. 名無し様@ぴろり2ch:2013年07月04日 17:05
山梨県民だけど、これ母親から聞いたことがある。
「昔、用水路に宮入貝がいてそれを食べると地方病になった被害が多かった」と言ってた。
49. 名無し様@ぴろり2ch:2013年07月04日 22:04
高校の読書会で読んだ「死の貝」で知ったなぁ。
50. 名無し様@ぴろり2ch:2013年07月06日 03:59
護岸工事と混同してるやつがいるけど
田んぼの畔がコンクリなんだよ
コンクリでできた田んぼの畔ってぶっちゃけほとんど見ない
コンクリで囲まれた田んぼ見たことあるのか?っていうね
本当にここ特有と言ってもいい
釜無川は依然としてそこまでがっつり護岸工事はされてないよ
51. 名無し様@ぴろり2ch:2013年07月09日 01:50
最後の「こっちのポスターじゃダメですね」とか言ってるやつ、
多分Wikipediaから画像だけ拾ってきたんだろうけど視ね。
52. 名無し様@ぴろり2ch:2013年07月24日 18:22
↑の人 ウィキペディア見たらみんなわかるのにねwww
それにしても医療ってすごいね!A型にAB型の血入れる人もいるけどね
53. 名無し様@ぴろり2ch:2013年08月21日 12:32
「宮入貝を殺そう」と言われても
生息地帯に行くだけで危険なんだろ
命がけじゃん
54. 名無し様@ぴろり2ch:2013年08月24日 08:24
画像よく拾ってきたな
ほんと面白いな
55. 名無し様@ぴろり2ch:2013年08月27日 03:53
こんな壮絶な歴史があったことを全く知らなかったよ
こういうことこそ必修として学校で教えるべき
56. 名無し様@ぴろり2ch:2013年08月28日 06:35
ウィキ泣けるな
57. 名無し様@ぴろり2ch:2013年09月16日 21:01
これはプロジェクトXでとりあげてもよっかったんじゃね?
58. 名無し様@ぴろり2ch:2013年09月23日 10:32
宮入貝と山梨人の激闘を伝える教育ビデオ
ttp://www.kagakueizo.org/2010/08/post-312.html
ttp://www.kagakueizo.org/2010/09/post-313.html
59. 名無し様@ぴろり2ch:2013年09月24日 05:37
甲府に住んでるんだけど、地方病の話は俺のオヤジの世代までで
今の20歳以下の連中は知らないと思うよ。
60. 名無し様@ぴろり2ch:2013年09月29日 17:10
※59
それはヤバイ
61. 名無し様@ぴろり2ch:2013年09月29日 21:43
寄生虫の被害が減ったことと護岸工事は関係ないよ
川魚や沢ガニ等を食べなくなっただけ
62. 名無し様@ぴろり2ch:2013年10月01日 01:32
>>61
寄生虫の感染経路がすべて飲食物だと思い込んでいるんだね
少し調べれば分かるけど、この地方病日本住血吸虫症は川魚も沢ガニも一切無関係
いっそのこと、飲食物や煮沸で予防できる寄生虫疾患だったなら簡単な話だったし、撲滅にこんな労力と時間は必要なかった
63. 名無し様@ぴろり2ch:2013年10月02日 03:02
人間に対して水中から直接寄生してくる寄生虫とか現実に居たんだな・・・
それだけでも恐ろしさが伝わってくる
64. 名無し様@ぴろり2ch:2013年10月06日 02:03
山梨生まれのゆとりだけど、地方病のせいで川とか沢とか池とかの水に入って泳ぐ機会がなかったから、今の甲府盆地周辺のジジババどもはほとんどカナヅチなんだってばっちゃが言ってた。
65. 名無し様@ぴろり2ch:2013年10月06日 12:56
日本で撲滅しただけだから気軽に海外で川に近付かない方がいいよ
足つけただけで感染するし
66. 名無し様@ぴろり2ch:2013年10月13日 23:10
ローカルバイオハザード怖ぇ…
67. 名無し様@ぴろり2ch:2013年10月16日 01:04
20代の山梨県民だけど知らなかった。
山梨県内だけでも、道徳の時間に必修にすればいいのにと思う。

ご先祖様たちの努力に感謝。
68. 名無し様@ぴろり2ch:2013年10月19日 11:20
お袋が山梨出身だが大月だからか全く知らんかったようだ。
授業でやるべきという考えは正しい。
ご先祖の苦闘の歴史は生きる活力につながる。
69. 名無し様@ぴろり2ch:2013年10月31日 22:54
旧敷島に今も住んでるんだが、昔は魚介の図鑑なんかが大好きでカワニナやタニシをいっぱい水田からとって来て、そのたびに母や祖母に顔真っ青にされてすげえしかられたの思い出した。
記憶から推測するに、平成4,5年、当時はまったくわからないけど、とても危険なことやらかしてたんだね。
70. 名無し様@ぴろり2ch:2013年11月06日 15:15
勉強になったなー
71. 名無し様@ぴろり2ch:2013年11月07日 17:45
すごい、こんな壮絶な戦いがあったなんて・・・
関わった人達は恐怖との戦いだったんだろうなぁ
72. 名無し様@ぴろり2ch:2013年11月14日 17:45
山梨見直した。努力して自分を救って、そしてこれからは世界も救えるじゃないの。
73. 名無し様@ぴろり2ch:2013年11月17日 13:10
静岡県人だけど毎年冬に長野にスノーボードに行く時にこの辺通ります
山梨県の人は交通マナーも素晴らしく、いつも静岡に戻るとがっかりします
あの美しい甲府盆地にかつてこの様な恐ろしい病気が流行っていたことを知りただただ驚きです
74. 名無し様@ぴろり2ch:2013年11月22日 02:35
一方、何も知らない海原雄山は、コンクリートで固められた川辺について(以下略)
75. 名無し様@ぴろり2ch:2014年01月25日 03:01
家の近くに杉浦っていう地方病で有名な人の資料館があるお
76. 気になる名無しさん:2015年06月29日 14:00
ワイの実家真っ赤やんけ
コメントする
名前
コメント

※ 本文「>>○○」、コメント欄「※○○」「米○○」で、該当レスがポップアップ表示されます。
※「http」を禁止ワードに設定しています。URLを書き込む場合は「ttp://~」でお願いします。


上へ
コメントを見る
コメントを書く
下へ